液状化対策をして耐震性の高い建物を造る|専門業者に依頼する

男女

主な方法を紹介

ヘルメット

温泉開発は綿密な調査が必要です

全国には2万箇所を越える温泉の源泉があるといわれています。温泉開発はそんな日本の環境に向いています。温泉開発をするためにはまず温泉が出る地質なのかさまざまな方法で調査しなければなりません。空中写真による判別や地表、地質の検査、電気探査などから地下断裂があるかなどの地下地質を把握します。その後、放射能探査により温泉水が地中にある可能性を模索します。有望な箇所が見つかったら地点選定を行います。温泉を掘るためには温泉掘削許可の申請が必要です。通常1000メートル以上のボーリングを行わないと必要な水温に達しません。温泉は25度以上の水温に温泉成分が含まれているものを使います。成分は重炭酸ナトリウムなどさまざまなものが含まれています。まずは地質調査から始める事が大切なので、忘れずに行いましょう。地質調査をする事によって、温泉地として適しているのかが明確になるのです。

メンテナンスが定期的に必要になります

掘削作業がある程度進むと温泉が沸き上がります。地表へ上がって来ない場合には、電動ポンプを利用して汲み上げていきます。ポンプの利用にも動力設備申請が必要です。地層によりポンプの容量が異なります。ここまで作業を進めると温泉施設に取り掛かります。自治体に温泉を利用する旨を申請して給湯していきます。温泉開発は準備が整った後の維持管理が大変重要です。地下の状況は時間とともに変化していきます。温度や成分の変化と共に石灰の成分がポンプ周辺に付着していきます。これによりポンプ機能が低下し、湯量が低下することがあります。定期的に石灰の除去を行い、状況によりポンプの交換をしましょう。温泉開発は、2年から3年で補修が必要になります。

トラブルを未然に防ぐ

温泉開発をするにあたり宿泊施設を建てることもあります。その場合は、きちんと液状化対策を行なっておく必要があるのです。液状化を簡単に説明すると、砂や土が地下水を吸収するのが限界に達した時に起こる現象のことをいいます。そうなってしまうと、土に凹凸が生まれ、最悪の場合住宅が倒壊してしまうケースがあるので、専門業者に依頼して未然に防ぐといいでしょう。特に、木造住宅は弱いのでしっかりと液状化対策をするように心がけるのがベストです。また、コンクリート住宅でも被害を受けることもあるので、早めに液状化対策を行うといいでしょう。

温泉水を管理

温泉

温泉開発を行うためには、温泉としての水が湧きだしてこなければなりません。日本と言う国は、世界でも有数の火山地帯と呼ばれている場所でもあり、多くの場所で温泉として適切な水が湧いてくる地域とも言えるでしょう。

Read More

可能性を探る

工事現場

温泉開発はこれまでの掘削の実績の資料によって温泉が出る可能性を探り、掘削計画まで無料で提示してもらえます。調査と見積以降の追加料金は発生しないので、安心して利用する事が出来るでしょう。

Read More

依頼する企業が増加

工事

しっかりと地盤調査を行ってもらって、その土地の地盤がどの程度しっかりしているのを把握する事がとても重要となるでしょう。ですから、今後も多くの企業が地盤調査を利用する事は間違いないのです。

Read More